生態学会2017発表

2017年3月に開催された生態学会第64回全国大会にて、緑地創成学研究室から以下の発表がありました。

屋上緑化におけるCAM植物と蜜源植物の混合栽培は正の相互作用をもたすか?-都市域の生態系サービス向上をめざして-
松岡達也, 土屋一彬, 山田晋, 大黒俊哉(東京大学大学院)

中国東北部図們川下流域の湿地生態系における土地利用履歴の違いが植生構造に及ぼす影響
曹光蘭(東京大学), 朱衛紅(延辺大学), 土屋一彬(東京大学), 大黒俊哉(東京大学)

中国北部砂漠化地域における砂丘固定技術適用による植生回復と風食抑制の関係
甲野耀登(東京大学大学院), 山中典和(鳥取大学乾地研), 山田晋(東京大学大学院), 土屋一彬(東京大学大学院), 大黒俊哉(東京大学大学院)

ススキ実験群落における数種の草本植物の生育特性-光環境に着目して-
白土晃一(東大院・農), 山田晋(東大院・農), 根本正之(東大院・農、明治大・農), 大黒俊哉(東大院・農)

生物多様性・生態系サービスのシナリオ分析とモデリング(自由集会 生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム(IPBES)の課題・展望と研究者への示唆)
橋本禅(東京大学)

都市緑地計画における「人と自然の関わり」指標の可能性(自由集会 人と自然をめぐる「経験の消失」:両者の間にあるギャップを理解する)
土屋一彬(東大・農)